オーダーメイドも人気

男の人と女の人

業者の仕組みとは

飲食店の制服は既製品を使う場合と、オーダーメイドで作る場合があります。お店のコンセプトにどれくらいこだわるかなどにより選び方は変わってきます。飲食店の制服を請け負う業者も多くありますが、既製品に簡単なロゴを刺繍したり印刷したりするだけの業者と、完全にオーダーメイドで一から作り上げる業者に二分されます。それぞれメリットデメリットがあるので、メリットデメリットと目的をふまえて選ぶ必要があります。飲食店の制服に既製品を使うメリットは、安い、手軽、納品が早い、買い替えや追加オーダーが容易といったものがあります。作成費用がかからないため基本的に安く、注文すればすぐに届きます。そこまでこだわりのないお店ならば問題ないでしょう。逆に、他店との差別化が難しいというのが大きなデメリットといえます。オーダーメイドのメリットは、オリジナリティを追求できる、お店のコンセプトに合わせられる、細部にまでこだわれるなどがあります。お店の雰囲気にまでこだわりたい場合はやはりオーダーメイドがよいでしょう。飲食店において制服とは想像以上に雰囲気を左右するものだからです。ただ、高い、追加オーダーへの対応が遅いといったデメリットもあります。既製品の場合は品と数を選んで注文するだけですみますが、オーダーメイドの場合は一から作ることになるので業者との打ち合わせが必要となります。簡易なものならばサイトのシミュレーターなどで作ることができることもあります。